外国為替相場の決断しなければいけない場面

現実にノートPCのディスプレイの前で、いつも上下動している為替レートを見てしまうと、取引をしなければいけない衝動に駆られる状況も多いです。プロミス 在籍確認

しかし、あやふやな勘で取引するのは間違ってもしてはいけませんご覧の通り、為替相場は年中、どこかの国で外国為替相場はオープンしているしレートもどういう時でも上がったり下がったりします。マッスルエレメンツ

そうであっても、頻繁にトレードを重ねていると、その回数だけ損失を被る危険性が上がります。コンブチャクレンズ 口コミ

無論、取引の数を増やすことによってトータルで勝ち負けの可能性が五分五分になっていくのは事実です。ワキ脱毛の必要な理由

けれどもこれは「漠然としたアイデアで売買」とは別の問題です。ボニック

売り買いの回数を積み重ねるということは、自分が「ここはいける」と感じた感覚を得られた場面でのトレード回数を積み重ねるという事を意味します。

ただ、のべつ幕なし取引を重ねるのとは明確に違います。

相場の勝負に立ち向かうためには、あなたが考えて緩急をつけることこそが不可欠です。

「ここはいける」と感じたマーケットの時には、いっそポジションを買い増して思い切り儲けを追求します。

「少し難しい相場でどう動くのか考え付かないな」と思い至った時は、諦めて売買ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて何もせず静観します。

このぐらいのけじめをつけた方が、最終的には注文は勝利します。

市場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

実にその通り。

為替とはいつでもポジションを保有する事が重要ではなくポジションを保有せず静観していることも時には必要です。

じゃあ、どういう時に、休む必要があるのでしょうか。

第1に言われるのが先に述べたように、これから先の為替相場が具体的に良く見えない時です。

今後ドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は間違って判断すると、自分自身の書いたストーリーとは異なった方向に外国為替相場が変動してしまい損をする事になります。

このような場合はポジションを諦め、そのまま何もぜずに様子をみるのが唯一出来る事です。

もうひとつは、自分自身の体の状態が思わしくない時です。

健康状態と相場につながりがない考える方もいるだろうが。

実際には意外と関係があります。

健康状態がよくなければ、外国為替相場の決断しなければいけない場面で正確な決定が難しくなります。

関心がわかない時は、相場から離れてみるのも大事な事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.brycesouthwell.com All Rights Reserved.