ないので返ってきません

自動車重量税、略して重量税とは国産メーカーの自動車あるいはドイツ車等愛車の生産国やスポーツカー、ロールーフ車というような車のタイプも例外なくたとえばダイハツやGM、等でも通常納付が必要な税のことをいいます。78-4-117

新車登録をする時または車検に出す際に納税が必要になるお金になります。78-15-117

その税額は対象となる自動車のウエート毎に決定されます。78-3-117

「自動車重量税」と「自動車税」は完全に異なるもののため、基礎を学んで間違えないようにしなければなりません。78-18-117

「自動車重量税とは自動車のウエートによって」「自動車税はクルマのリッター数によって」金額が変わります。78-19-117

また買い取りする際の扱いも変わりますので、注意が必要です。78-13-117

車を手放す時には支払い済みの自動車の額がどれだけあってもその金額が返還されることはないですが、一方で、自動車税であれば支払い済みの税額を査定額に乗っけてくれるといったケースがなくはないですが、重量税の場合は足されるという場合はほとんどないでしょう。78-2-117

重量税というのは、車の売却時に支払い済みの税額が残存しているからと言って中古車買取業者側でそのことが考慮されるケースは少ないです。78-6-117

ですので次の支払い、つまり次の車検まで待ってから買い取ってもらうということがベターでしょう。78-16-117

中古車買い取りの際は考慮してもらえないのが重量税ですがある条件の場合でしたら還付されることもあります。78-10-117

それは、車検が残っている車を廃車にしてしまう際です。

抹消登録をした際に残っている車検期間に従って金額が戻ってきます。

ですが車買い取りの際はその車が廃車されるわけではないので返ってきません。

それから所有車の名義を変更した時や盗難にあった時なども還付を受けることは不可能です。

重量税の残存期間があるクルマを買い取るということは、要は車検の効力がまだある自動車です。

そのことを業者も考慮しますから自動車重量税の残存期間があれば、売却額が増えると思います。

当然買取額は店舗によってまちまちなのですが車検の効力が残っている事実が考慮されれば手放す車の査定額からみたらそこまで割に合わないということもありません。

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.brycesouthwell.com All Rights Reserved.