自宅で料理雑誌の撮影がありました

母が料理雑誌の編集をやっていた関係で、自宅でよく料理の撮影がありました。過払い金請求 銀行カードローン

料理の撮影というのは、はたで見ている分にはとても面白いものです。

それぞれの 担当者の持ち場を総合的に眺めていられるので、こっそりプロデューサー気分で した。

撮影用の料理は、できたての美味しさというよりも、構図の美しさと色あい や湯気などの出方などを重要視します。

ですから、作り終えた料理を皿に盛って 何パターンものアレンジバージョンを作っていくのです。

撮影するときの角度も大切です。

料理によって、真上からのショットがいいもの やちょっと斜めから撮った方が綺麗に見えるものなど、それぞれ違うのです。

背景も外の自然光の方が良いときと、室内の作られた灯りで撮る方が良い時と 違うのです。

料理雑誌では、いかにその料理を美味しそうに美しく見えるかということを 追及していくのです。

撮影が終わった後には、食べるものが沢山あって、 デザート系の撮影の時には、お相伴にあずかりました。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.brycesouthwell.com All Rights Reserved.